ARCHIVE

機械式時計の防水性についての重要ポイント

水については機械式時計の天敵といえます

機械式時計はオリジナル性の高い上質感がありますが、その反対にたくさんのパーツによってできているため、非常にデリケートな構造といえます。その活用には慎重な使うことが重要になりますが、機械式時計を故障させてしまう要因で最も目につくのが浸水になります。水の浸入をどうやって阻止するのか、加えて浸水を阻止することに必要なメンテを熟知しておくことは、機械式時計を有効に活用する人が持たなければいけない心構えです。そのため、まず第一に機械式時計の耐水性に関して理解しておくことが大切です。

防水に対する性能の表記に関して

機械式時計はひとつひとつ、持ちこたえられる水の深度等に関して表記があります。詳細が書かれてありますが、おおまかに10mの防水が1気圧の防水と想定して問題ありません。機械式時計を水に対して浸けた時の深度の形で防水性能が書いているわけですが、実際のところどのぐらい水に対して晒しても異常をきたさないかといった検討材料として言われています。加えて、機械式時計をお手入れする場合のベースとしても活用されます。

どの程度の水に持ちこたえられるかについて

現実に気圧の表示において、機械式時計がどれくらいの水に持ちこたえられるのかを示すますと、まず第一に3気圧防水ならば雨しか持ち堪えられません。5気圧防水では水道水を被っても差し支えありませんが、水没した場合正常に働かなくなってしまいます。10気圧防水より水で洗うことが可能なほど防水性が高まりますが、水の中で振ることはやってはいけません。水の中で動く際に機械式時計を実装したいならば、30気圧防水よりも高い防水性が要されます。

パテックフィリップとは、1839年にアントニ・パテックとフランチシェック・チャペックが創業した時計のメーカーです。

公式サイト
パテックフィリップの価格で調べる

ヌーブラはどんなシーンでも大活躍!だけど注意しなければいけない時もある!

ヌーブラってどんなものなの!?

ヌーブラとはブラジャーの一種です。ですが普通のブラジャーとは全く違います。それはヌーブラは胸に直接粘着力を使って貼るので、肩紐や後ろのフックなどがありません。シリコンのようなものから布製のものがあります。シリコン製のものだったら、服の上から触ると本当の胸を触っているような感触です。ヌーブラの装着はとっても簡単です。胸に直接貼るだけ。使用後はしっかり汚れを落として乾燥させるだけです。ドレスや普段着でも活用できます。

普段着でもパーティーでも!

ブラジャーのかわりにヌーブラを使用すればどんなファッションでも着こなす事が出来ます。ドレスなどの背中が大きく開いているものだったり、肩が出ている服、胸元が開けている服にだって万能なブラジャーなんです。それ以外にも水着の着用時にも使用する事が出来ます。ヌーブラをつければ水着の時にもバストに自信が持てますね。ただ動きが激しかったりヌーブラの粘着力が低下している場合には、はがれやすくなってしまっているので、使用時には注意が必要です。

彼とのデートの時はどうする?

ヌーブラは服を着た状態では、ヌーブラなのか普通のブラジャーなのかわかる男性は少ないでしょう。ですがデートでもしもお泊りなんて事になりそうな日には普通のブラジャーの方が無難です。なぜかというと、ブラジャーを着けて鏡の前で立っている姿を想像してください。自分が見る分には良いですが、他人が見ると普通のブラジャーとは違ってとても変なんです。また、ヌーブラの粘着力が胸に残るので、お湯でしっかり洗わないと、胸のべたつきがとれないからです。彼とのデートでは普通のブラジャーにしましょう。

ヌーブラの付け心地の良さは、多くの若い女性からの注目が集まっており、美しいプロポーションを維持するために、正しく理解をすることが良いでしょう。

loading
×